logo
main visual

PRODUCT

産地の恵み フルーツピール

柑橘の皮にたっぷりの果汁を滲みこませて乾燥させました。
材料は皮と果汁と砂糖のみ。
素材そのものの美味しさを楽しめる、「小笠原島レモン」「京都水尾ゆず」「愛媛なつみかん」の3種類です。

フルーツピールって
どんなお菓子?
フルーツピールとは、果物の皮を丁寧にカットし、砂糖とたっぷりの果汁に一晩漬け込んだ後、じっくりと乾燥させ手作業でほぐした素材菓子です。

生産者が長い年月手間暇かけて育て上げた果実は、まさに技術と思いの結晶。そんな果実そのものの美味しさを活かすため、添加物は入れず果実本来の味わいを表現しています。
捨てるところなく
果実まるごと
フルーツピールは、果実をまるごと使っているのが大きな特徴。フードロスが問題となる中、日本果汁は長年果実を余すところなく使用してきました。
果実そのものの味わいを表現できるのも、果汁や皮といった全てのパーツを使用しているから。砂糖にもこだわり、北海道産のてん菜のみを原料として製造されたビートグラニュー糖を使用。フルーツピールの優しい甘さは、ビートグラニュー糖が鍵となっています。
生産者の
思いをつなぐ
日本にはあまり知られていない農産地がいくつもあります。地域に根付く人々と果実。農産地でしか知られていない果実の食べ方など、現地を訪れないと分からないことがたくさんあります。
私たちが探し求める果実は、品質や安全性はもちろん、生産者がかける思いを大切にしています。果実の美味しさを引き立てる商品作り、これが私たちの目指すところです。