/
経営理念
経営理念

 

美味しい物を食べ続けたい

本当に美味しいと思える食べ物は、何度でも食べたいと思います。
食欲には、何よりも価値が有ります。
何にも変え難い価値は、「継続」を生みます。
美味しさは購買を向上・継続させ、原料産地を活性化させます。
原料産地が豊かになれば、自然と地域が元気になり、日本全国を幸福にします。
我々は、食を通して一つでも多くの幸福を生み出したいと思っています。

 

 

冬になったらコタツの上にみかん。

そんな光景が当たり前ではなくなりました。

世の中は便利となり、食は多様化して、各国の美味しい料理が

気軽に口に出来る環境となりました。生活と共に価値観は豊かになり、

選択の自由は本当に広がりました。

それでも、子供の頃から慣れ親しんでいる季節の食材を、

旬の時期には無性に食べたくなります。

毎年、旬を味わうという事柄が、幸福を心に気付かせてくれるような感覚があります。


そんな日本の美味しい食材がこの世から無くなってしまう。

そんな未来を感じる瞬間が増えました。
その瞬間を現実にならないようにする。

 

これが経営理念の礎となっています。

 

“日本全国の生産者に必要とされる”

当社はそうなりたいと強く思っています。

農産物の溢れる価値を見つめ直し、

育む事で、農家の人々に喜んで頂ける企業で在りたいと思います。

農産物の生産・加工・販売に関わる全ての人々が一体となり、

共に歩む事が出来れば、この国の未来は必ず太陽のように輝けると信じています。